離婚の慰謝料・財産分与・養育費等の情報サイト

人には聞きにくい「離婚情報」満載です。

養育費を支払ってもらえないときはどうする?

離婚時に配偶者との間で決めた養育費の期限や金額。でも、必ずしもスムーズに支払ってもらえる人ばかりではありません。

実際、決められた金額が支払われないという人も多いもの。それでも子供を育てるにはお金がかかります。ここでは、養育費を支払ってもらえないときにとる手段について順番にご説明していきます。

女性

 

まずは支払いの催促から

 

支払われない養育費。まずは、メールや電話などの方法で「何日までに支払って欲しい」ということを伝えましょう。それでも反応がない場合は「内容証明郵便」が有効です。

通常の郵便料金の他に内容証明料金等が必要ですが、郵便局が内容を証明してくれるものですので、裁判等になった場合の証拠としての効果もあります。他にも相手へのプレッシャーという意味でも、通常の催促より効果が高いでしょう。

 

それでも支払われない場合は裁判所へ

 

夫婦だけの話し合い、または公正証書を作成したというだけでは利用できない制度ですが、養育費の支払いに関して裁判で勝訴判決を得ている場合は「履行勧告」を利用しましょう。

これは、家庭裁判所から直接相手に裁判で確定した支払い義務を勧告してくれる制度です。それでも支払いがない場合は家庭裁判所に申し立てて「履行命令」を出しましょう。実際の養育費支払いを強制することはできませんが、理由なく命令に従わない場合は10万円以下の支払いが命じられることになりますので、プレッシャーに感じ支払う人も多いようです。

それでも支払わないという場合には、給料の差し押さえ等の「強制執行」という手段も残されています。支払われないからといって泣き寝入りすることなく、しっかりと養育費を請求しましょう。