離婚の慰謝料・財産分与・養育費等の情報サイト

人には聞きにくい「離婚情報」満載です。

借金も財産分与するの?

離婚の際に、夫婦の共有財産を分け合うことになる財産分与。土地や建物など資産を分け合う分には問題はありませんが、よく問題になるのがローンや借金などのマイナスの資産です。

ここでは、借金も財産分与として分け合うことになるのかどうか、そして分け合う場合の考え方の2点についてご説明します。

財産

 

借金の種類によっては財産分与の対象に!

 

資産の場合と同様に、借金も「夫婦の共有」であることがまず第一条件です。

つまり、結婚前にしていた借金や、あきらかな浪費、ギャンブルのためなど個人の理由による借金は財産分与の対象にはなりません。
ただし、家族で住むための家のローンや、家族で使うための車のローン、日常の生活費や医療費等の借金は財産分与の対象となります。

 

借金の財産分与の方法とは?

 

シンプルな考え方としては「資産」と「借金」を足した残りを夫婦で分け合うということになります。

資産が1000万、借金が600万であれば残りの400万を分け合うという風に。また、資産が600万、借金が1000万の場合は基本的に借金を分け合うことはありません。借りた側が資産、借金共に引き受けて400万円を支払うという形となることが多くなっています。

もう一方は、資産を受け取ることができない代わりに、借金も受け取らずにすむというわけです。ただし、借金の連帯保証人となっている場合は離婚したからといって保証人から外れるというわけではありませんので注意してください。

離婚は夫婦という契約の解除ですが、連帯保証人は銀行などとの契約です。連帯保証人から外れたい場合は、別の保証人を銀行に告げるなど別の手続きが必要となります。