離婚の慰謝料・財産分与・養育費等の情報サイト

人には聞きにくい「離婚情報」満載です。

財産分与とは

離婚とは、離婚届1枚を提出して終了…というものではありません。
結婚生活の中で、ふたりで貯めた預貯金や、買った車、家、保険といった共有財産の分け方についても話し合う必要が出てきます。

それが主に「財産分与」と言われるものですが、そもそも財産分与とはどのようなものなのか、どのような種類があるのか、ここではその点について詳しくご説明しています。

財産分与

 

財産分与とは?

 

財産分与とは、簡単に説明しますと、結婚生活を行っている間に、夫婦で協力して築いた財産を分け合うということです。

これは単純に金額だけの比較ではなく「貢献度」という目安で見るものですので、例えば旦那さんが働いて奥さんが専業主婦であったからといって、一概に財産が全て旦那さんのものであるということにはなりません。

また、法律でも「離婚時には財産の分与を請求することができる」と定められていて、当然の権利ということになります。

 

財産分与の種類とは?

 

財産分与は、簡単に「清算的財産分与」「扶養的財産分与」「慰謝料的財産分与」という3つに分けることができます。
「清算的財産分与」は、あくまで夫婦が協力して築いた財産を分け合うためのもので、離婚原因がどちらにあるかという点とは関係ありません。

次に「扶養的財産分与」は、離婚をすることによって、立場の弱いほうの配偶者が生活に困ることのないように、離婚後も「扶養」するという意味合いとなっています。その期間や金額は、事例により様々です。

そして、最後の「慰謝料的財産分与」は、本来別々のものである「慰謝料」と「財産分与」が、どちらも金銭的な内容のため同一請求されることにより生まれた言葉です。